mbedをオフラインデバッグする方法 LPCXpresso準備編

Toshio Kuga/ 1月 5, 2016/ 電子工作/ 0 comments

mbed_dbg_prepare

 

はじめに

mbedとは?

mbed(エンベッド)はARM社が提供するプロトタイピング用ワンボードマイコンおよびそのデバイスのプログラミング環境です。
ツールをローカルのPCにインストールせずにWebブラウザ上でコードの修正やコンパイルが可能です。

 

オフラインデバッグとは?

mbedではCPUのブレーク、ステップ、メモリ編集、レジスタ編集のような従来のデバッグができません。
ローカルのPCにインストールした他社のツールに読み込ませることでこれらのデバッグが可能になります。
これをオフラインデバッグと言います。

 

なぜLPC Expressoなのか?

オフラインデバッグするためには、CMSIS-DAPインタフェース対応のツールが必要です。
対応ツールとしては、KEIL社のμVisionが有名ですが、無料版では32KBのコード制限があります。
無料版でも256KBのプロジェクトが作成可能なNXP社のLPCXpressoでオフラインデバッグ環境を構築します。

 

ツールの準備

mbedファームウェアのバージョンアップ

mbedのファームウェアプログラムがCMSIS-DAP未対応(Rev.141212未満)の場合、
バージョンアップする必要があります。
現在のファームウェアバージョンは、mbedをPCに接続して参照できる「MBED.HTM」から確認できます。
firmware=の後が141212以上であれば以降のアップデート処理は不要です。

 

 

こちらよりプラットフォームを選択して「Download latest firmware」よりファームウェアをダウンロードしてください。

mbedを再度PCに接続し、ダウンロードした「mbedmicrontroller_xxxxxx.if」をコピーします。
mbedを再起動すると、ファームウェアがインストールされます。

 

LPCXpressoのインストール

こちらよりOSに応じたLPCXpressoをダウンロードしてください。
ダウンロードしたインストーラの指示に進めてPCにインストールしてください。

 

lpcxpresso_download

LPCXpressoのアクティベート

プロジェクトのコード制限を256KBに拡大させるためにアクティベートコードを入力します。

こちらより新規にアカウントを作成します。

必須入力項目は以下の4つです
・Username
・E-mail address
・Full name
・What code is in the image?

メールが届くので、記載されているリンクにアクセスして好きなパスワードを登録してください。
登録したメールアドレスがG-mailの場合、迷惑メールに分類されてしまうようです。
lpcxpresso_mail2

 

LPC Xpressoを起動し、ウインドウ上部の「Help」→「Activate」→
「Create serial number and register (Free Edition)」を選択します。
lpcxpresso_activate2

 

「OK」をクリックします。
lpcxpresso_activate4

 

登録画面が開くので、「Register LPC Xpresso」をクリックしてアクティベートコードを取得する。
lpcxpresso_activate5

 

LPC Xpressoに登録するためのアクティベートコードをコピーしておく。
lpcxpresso_activate6

 

LPC Xpressoを起動し、ウインドウ上部の「Help」→「Activate」→「Activate (Free Edition)」を選択します。
lpcxpresso_activate

 

コピーしたアクティベートコードを貼り付けて「OK」をクリックしてください。
lpcxpresso_activate7

 

LPC Xpressoを再起動すれば、アクティベートが完了します。
lpcxpresso_activate8

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">
*
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)